ウォーターサーバーはどれくらいの人が利用しているの?

ウォーターサーバーを利用している人の多くが、「安全性の高い水」を求めて利用されているようです。
東日本大震災のような大きな災害があった時、放射能漏れなどによって家庭の水道水を使用するのに抵抗がある家庭が、かなり増えたようですね。
赤ちゃんやペットのいる家庭では、安全な水をあげたいですものね。
毎日口に入れる水には、特に気を使われたことでしょう。

水道水の水を使うのは怖いからと、ペットボトルで売られている水の買い占めなど、スーパーやコンビニエンスストアから水が売り切れるという事態が相次ぎました。
被害に合ってない方には、いまいち実感がわかないかもしれませんが、テレビのニュースで目にされたことはあるのではないでしょうか?
実際に体験された方たちは、本当に大変な思いをされたことでしょう。
震災時のような予期せぬ災害があった時、ウォーターサーバーを導入されている家庭では、水のストックがあることが役に立ったと感じている家庭が多かったようです。
震災後、水を切らさないように常に備蓄する「備蓄水」としての意識も、増えてきているようですね。

普段から「安全でおいしい水」を飲みたいという人から、「災害時の対策用アイテム」にと、ウォーターサーバーを導入されている家庭も増え、利用者の意識は様々なようです。
ウォーターサーバーを導入するようになったきっかけとしては、先ほど挙げた災害時の水不足対策という理由や、無料のお試し期間があり、そのまま利用を続けている、いつでもすぐ飲めてボトルも回収してくれる、冷たい水と温かい水の両方が出る等の理由があります。

メリットの多い反面、デメリットもあるようです。
利用しない人の大半は、お金がかかる事でしょう。
サーバーのレンタル料に加え、ボトルも1本単位で毎月お金がかかります。
場所をとるから邪魔になるという理由や、水の交換が大変だったりもするようで、特に女性の一人暮らしでは水の交換は一仕事かもしれませんね。

Copyright (C) 安心・安全の水 All Rights Reserved.